大きな問題はニオイ!異性はどれくらい気になっている?

- 大きな問題はニオイ!異性はどれくらい気になっている?

大きな問題はニオイ!異性はどれくらい気になっている?

日本人男性には包茎の人が多いと言われていますが、人によって悩みの大きさは違うようです。
コンプレックスになっている人もいればそれほど気になっていないという人もいるようです。
それは包茎の状態や症状の度合いによって異なってくるでしょう。
場合によっては包茎手術も必要になります。

自分自身ではそれほど気になっていなくても、異性はどうなのでしょうか?
彼女や奥さんがいる人は当然セックスをすることもあるはずです。

そういった時、異性は包茎であることについてどういったイメージを持っているのでしょうか。

包茎の大きな問題はニオイ

包茎と聞いて浮かぶ問題としては「ニオイ」がよく挙げられます。
包皮が常に亀頭を覆っていることで内側に恥垢が溜まりやすくなってしまいます。
その恥垢が酸化することによって悪臭を放つようになるというわけです。

また包皮に覆われていることで通気性が悪くなり、ばい菌の温床となってしまいます。
結果的に性病にかかるリスクを上げてしまうといった問題にも発展しかねません。

異性は包茎のニオイを気にする?

異性は包茎のニオイに対してどういったイメージを持っているのでしょうか。
いろんなクリニックや医療機関が異性に対するイメージ調査を実施しています。

その結果なんと約半分の女性が「包茎はくさい」というイメージを持っているようです。
ただ半分ですから特にニオイを気にしていないという人たちも一定数いるようです。

それでも包茎の人はきちんと清潔に保つために対策する必要があるでしょう。


ニオイよりも衛生面の問題が大きい

ニオイがきついということは不衛生な状態でもあることを意味します。
ニオイがしないからといって何も気にしないというのは良くありません。

ニオイがしないだけでばい菌の温床になっている可能性はあります。
そうなると異性とセックスをした際、異性に垢やばい菌をうつしてしまう場合もあります。
不妊症や子宮頸がんのリスクを高めることになるので、包茎手術は必須といえるでしょう。